容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

イアン・ブレマー(Ian Bremmer)Gゼロ

  1. 2012/10/20(土) 10:47:01|
  2. 政治経済|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
イアン・ブレマー インタビュー 動画
Foreign Affairs Focus: Global Leadership With Ian Bremmer


Ian Bremmer on a G-Zero World


イアン・ブレマー



(*)イアン・ブレマー(Ian Bremmer)プロフィール
生年月日 :1969年11月12日
出身地 :アメリカ(United States)
1994年 スタンフォード大学で修士号および博士号取得
(M.A., Ph.D., Stanford University)
1998年 ユーラシアグループを設立
政治学者(Political scientist)

---------------
正しい表記:イアン・ブレマー
間違い表記:イアン・ブレアー
---------------


(*) Ian Bremmer
http://www.ianbremmer.com
イアン・ブレマー公式サイト


(*) Ian Bremmer Facebook
http://www.facebook.com/ian.bremmer
イアン・ブレマー フェイスブック


(*) Ian Bremmer Twitter
https://twitter.com/ianbremmer
イアン・ブレマー ツイッター


(*) イアン・ブレマー(書籍,著書,資料)
http://amzn.to/RbPdNq


(*) Ian Bremmer(洋書,ペーパーバック)
http://amzn.to/RbPm3s



(*) ユーラシアグループ(Eurasia Group)
http://www.eurasiagroup.net
コンサルティング会社








Gゼロとは
「Gゼロ」後の世界

「Gゼロ」後の世界 主導国なき時代の勝者はだれか



G7は重要性を失い、G20は機能していない。アメリカ主導の体制が終わった今、次に訪れるのは米中のG2体制か、第二の冷戦の勃発か。そのとき日本は? 気鋭の政治学者が、ポストGゼロ時代のシナリオを予測する。

<内容、目次>
・第1章 Gゼロとは何か?
・第2章 Gゼロへの道
・第3章 Gゼロ・インパクト
・第4章 勝者と敗者
・第5章 来るべき世界
・第6章 Gゼロ・アメリカ










Gゼロとは
Gゼロ(G-Zero)とは、国際社会において、リーダー不在の状況を指す言葉。
政治学者であり、米コンサルティング会社「ユーラシア・グループ」の社長であるイアン・ブレマー(Ian Bremmer)氏が作り出した言葉。
国際社会において、中国やインドなどの新興国が台頭し、G7だけでは物事を決められなくなり、1999年よりG20による会議が開催されるようになりましたが、G7各国が経済の停滞で、アメリカもかつての影響力を低下させ、リーダーシップを発揮できにくく、また、会議の参加国が増えれば、各国の国益や思惑が絡むので、諸問題について進展しにくくなっています。
このようなリーダー不在の状況がGゼロです。


(*) G7(先進7か国;Group of Seven)
アメリカ合衆国、日本、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダ

(*) G8(主要8か国;GGroup of Eight)
G7+ロシア

(*) G20(主要20か国・地域;Group of Twenty)
アメリカ合衆国、欧州連合(EU)、日本、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、アルゼンチン、インド、インドネシア、オーストラリア、サウジアラビア、トルコ、ブラジル、メキシコ、ロシア、韓国、中国、南アフリカ



(*) イアン・ブレマー(書籍,著書,資料)
http://amzn.to/RbPdNq










ピボット国家とは
ピボット国家(Pivot state)とは、複数国と政治・経済的な協調関係を持ち、その時々によってつき合う相手を代えることによって、リスク分散できる国家のこと。
例:カナダ、ブラジル、トルコなど



(*) イアン・ブレマー 動画
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/feature/post_28325
(テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」 2012年10月10日)
2011年にリーダーシップ不在の世界「Gゼロ」を提唱して注目されたユーラシア・グループ代表 イアン・ブレマー氏。「Gゼロ後の世界」の勝者となる「ピボット国家」とは何か、日本が「ピボット国家」になる条件などを ユーラシア・グループ代表 イアン・ブレマー氏と東短リサーチ 加藤出氏が解説。



バスケットボールのピボット動画


部活動などでバスケットボールを経験した人なら知っているピボットのステップ。
ピボットとは片足を軸足にして、もう片足を旋回したり、前後左右にステップして体の軸を動かし、相手を翻弄、動揺させたり、リズムを崩しパス、ショット、ドリブルなど次のプレーへの移行を容易にします。










(*) 「Gゼロ」後の世界
書評:学習院大学名誉教授 奥村 洋彦氏
(日本経済新聞朝刊2012年8月5日付)
http://s.nikkei.com/RODl6Z

 本書は、リーダーシップをとる国が存在しなくなった現在、危機が発生した場合に誰も対処できないと、どんな混乱がもたらされるか、そしてこうした世界における勝者と敗者を決める要因は何かを分析する。頻繁に発生する世界の大きな出来事と、私たちの生活への影響を考えるとき、論考の土台、案内役として大いに役立つ。
 第2次大戦後の世界の運営は、最初は米国がリーダー役となり、その後、主要国が協議に参加するG7、G20とバトンをつないできた。著者によれば、現在では、個々の国にリーダー役を担う余裕はなく、先進国と新興国からなるG20も「政治的、経済的価値観が共有されていない」ために限界があり、リーダー役不在の「Gゼロ」状況となっている。「Gゼロ」の世界では、集団防衛システムは構築し難い。食料や水、環境、サイバー空間、国際標準の設定などを巡る紛争が予想され、国際的な力の均衡は、軍事力ではなく経済力で測られ、保護主義の動きが高まると指摘する。
 そして、勝者は、適応力がありリスクや攻撃に対する防御が備わっている主体、敗者は、新しい現実と変化の必要性に対する認識を拒む主体であると考える。「Gゼロ」下での世界の運営を、(1)米国と中国の関係が協調的か対立的か(2)米中以外の国々の力が強いか弱いか、という2つの軸で分類している。最も確率が高いケースは米中が対立的、米中以外の国々は地域限定的ではあるが強いという、地域分裂的な世界。米国は、リーダーとしての限界を受け入れざるを得なくなり、世界に対する貢献は再構築を迫られるとする。
 人々の行動、政府の政策そして企業戦略は、「場」の変容とともに変化する。本書は、この「場」をグローバルにとらえ、世界の舞台が歴史的な変化を見せるにつれ各国の政策展開もそれに合わせて変革を遂げる必要があることを力説する。近年の経済分析において、国を「ユニット(単位)」とする伝統的な理論モデルへの執着が誤った診断を与え、世界金融危機を招来する一因となったことを想起すると、本書の分析は一段と価値を増すだろう。



(*)朝日新聞 2012年(平成24年)10月20日 朝刊
イアン・ブレマー インタビュー掲載










イアン・ブレマー(Ian Bremmer)動画


Current Strategy Forum 2012.6.12
場所;U.S.Naval War College(アメリカ海軍大学校)
講演テーマ;「G20は何故、機能しないのか?」
1分20秒ごろに、登場。(約1時間の講演と質疑応答。)



原書で読みたい人へ
イアン・ブレマー(Ian_Bremmer)洋書と著書
Ian Bremmer(洋書,ペーパーバック)











<中学生になったら>

中学生の勉強法

詳細のページでは、サンプル誌を読む事ができます。
もし、気に入った場合は、そのページで、メールアドレスを入力して登録していただけましたら、
最新号のメールマガジンをお届けいたします。(無料登録)



(*) 中学受験

(*) 高校受験

(*) 大学受験

(*) 就職活動











ビジネススキルとキャリアアップの情報掲示板
http://bit.ly/PyucwH




イアン・ブレマー 掲示板 Gゼロとは イアン・ブレマー 掲示板 イアン・ブレマー Gゼロの意味

DTIブログって?