容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

睡眠学習

  1. 2012/10/19(金) 06:07:07|
  2. 睡眠学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
眠れない時や、リラックスしたい時に




受験生には目に見えないプレッシャーがかかります。

動悸・めまい・肩こり・憂鬱・イライラなどといった不調が繰り返し起こる「自律神経失調症」は、心と体の両面からの治療が必要です。
この音楽は、専門医監修のもと、日々のストレスを解消して自律神経のバランスをはかり、健康的な生活を送ることを目的に、爽やかで前向きな気持ちに誘う音楽と自然音で構成されています。

自律神経にやさしい音楽(MP3ダウンロード)

自律神経にやさしい音楽(CD)










(*)睡眠に関するQ&A
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/suimin/qa.html
・眠れないときはどうしたら良いですか?
・睡眠不足が引き起こす病気・リスクは何ですか?
・睡眠障害と睡眠不足の違いは何ですか?
・適性な睡眠時間はどのくらいでしょうか?
・他の病気から不眠になるって本当ですか?
・「眠れない」とはどのような状況のことですか?
・日本人の睡眠時間は世界で見るとどのくらいですか?
・睡眠キャンペーンの良いところはどこですか?
・「寝だめ」は出来ますか?
・日本国内で睡眠不足が引き起こす経済損失はどのくらいですか?
・寝酒はダメですか?
・どうしても眠れないときには、どこに相談すれば良いですか?
・お医者さんでは、どのような治療が行われるのですか?
・三交代勤務や夜勤が続くときに気を付けたほうが良いことは何ですか?
・眠れないときには、市販の睡眠薬を飲めば良いですか?
・睡眠薬の副作用はありますか?










睡眠学習

「合格を勝ち取る睡眠法」 (詳細クリック!)
TBS系『はなまるマーケット』『夢の扉』など、多数のテレビ出演もこなす世界一の睡眠の専門医が、最強の睡眠プログラムを指南。全ての受験生必読の書。
・中学・高校受験は6時間睡眠、大学・資格試験は4時間半睡眠
・レム・ノンレム睡眠の役割を知る
・5〜15分の仮眠の効果は絶大
・合格のための朝活・朝飯前
・短めの睡眠で集中力UP
・土日で睡眠を補う
・夜ふかしは、百害あって一理なし
・秋は意識して朝日を浴びる
・ラストスパートは、とにかく睡眠リズムを維持
・睡眠は1サイクル90分
・勉強中に眠くなったら、顔を洗い、冷たい飲み物













<快適な睡眠のための7箇条>

1.快適な睡眠をもたらす生活習慣
定期的な運動と朝食をきちんと食べること。夜食はごく軽く

2.快適な睡眠で日中元気はつらつ
人それぞれ自分にあった睡眠時間があり、8時間にはこだわらない。年齢を重ねると睡眠時間は短くなるのが普通

3.快適な睡眠は自分でつくる
夕食後のカフェイン摂取や「睡眠薬代わりの寝酒」は良くない。不快な音や光を防ぐ環境づくりと自分にあった寝具の工夫をすること

4.就寝前にはリラックス
軽い読書や音楽、香り、ストレッチなど自分なりのリラックス法で。ぬるめの入浴は寝付きが良くなる

5.目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン
規則正しい睡眠習慣が大切

6.午後の眠気は短い昼寝でリフレッシュ
長い昼寝は逆効果、夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響を与える

7.睡眠障害は専門家に相談
睡眠障害は「体や心の病気」のサインのことがあるので自己判断しないで専門家に相談









睡眠に関する本
・合格を勝ち取る睡眠法
・脳に効く「睡眠学」
・快適睡眠のすすめ
・睡眠の科学 なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか
・4時間半熟睡法











TANITA(タニタ)が開発した睡眠計

睡眠グッズ

TANITA 睡眠計(詳細クリック!)


敷布団やマットの下に敷いて寝るだけで睡眠状態をチェックできる睡眠計。
睡眠の質を「睡眠点数」で評価します。専用の睡眠解析ソフトでは、睡眠の深さをグラフで見たり、睡眠日誌がつけられ、1週間分のデータを一覧で見ることができます。
測定結果はSDメモリーカード(別売)に保存され、パソコンで確認できます。


快眠グッズ












(*)睡眠学習できる?脳の仕組み解明
http://bit.ly/QHBg9X
熊本大発生医学研究所の粂和 彦准教授(50)らの研究グループが、脳内で「睡眠」と「学習」が全く別の独立した神経回路で制御されていることを、ショウジョウバエを使った実験で明らかにし、2012年10月14日付の米科学誌ネイチャーニューロサイエンス電子版に発表した。
 睡眠や記憶形成には、神経伝達物質ドーパミンが重要な役割を果たしていることが知られているが、ドーパミンが脳内のどの部位に働き掛けているかなどの詳しい仕組みは分かっていなかった。研究が進めば、眠りながら学習する「睡眠学習」ができる可能性もある。
 粂准教授は「睡眠中の脳への情報入力方法が開発されれば、高度な睡眠学習への道が開ける」と話している。
 粂准教授らはまず、ショウジョウバエの脳内にある「扇状体」と呼ばれる部位に、遺伝子操作でドーパミンの受容体を形成させた。すると、ドーパミンが作用して睡眠時間が減少したため、扇状体が睡眠中枢であることを解明した。
 一方で、記憶に関わることが知られている部位「キノコ体」に同様の受容体を形成させても睡眠には変化がなかったことから、睡眠と記憶は、それぞれ独立した神経回路で制御されていることが分かった。


(*)睡眠覚醒を制御するドーパミン神経回路の同定
http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp/newpress/np55.html












<熟睡したい人へ>
睡眠学習と快眠法

「ファイン グリシン 30包」 (詳細クリック!)
安眠効果があるグリシンを主成分に催眠効果があるL-トリプトファン、脳細胞の活動を抑える抑制系の神経伝達物質であるGABAを配合した顆粒タイプの栄養補助食品です。
グリシン・GABAは、体内時計の整った健康な身体をサポートするといわれています。
また、牛乳などに含まれるL-トリプトファンは、「セロトニン」という脳内物質をつくる原料となります。



睡眠学習法











睡眠学習機(睡眠学習枕)


中学受験

高校受験

大学受験

就職活動












<のんびり露天風呂>





受験生の勉強時間と睡眠学習(小学生,中学生,高校生)睡眠学習法

DTIブログって?