容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

iPS細胞の作り方

  1. 2012/10/10(水) 22:31:47|
  2. 時事ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
iPS細胞の英語
Induced pluripotent stem cells

人工多能性幹細胞(人工的に作られた多能性を持つ幹細胞)

Induce (動詞) 誘発する
pluripotent (形容詞) 多能性の
stem cell 幹細胞









ノーベル医学生理学賞に輝いた山中伸弥氏が赤裸々に明かす、「挫折と再起」の繰り返しだった研究人生とiPS細胞のすべて。
iPS細胞の作り方

「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」 (詳細クリック!)
・父は町工場の経営者
・高校柔道部から受験勉強に邁進
・「ジャマナカ」と蔑まれた研修医時代
・臨床医としての限界を感じて
・はじめての実験
・「先生、大変なことが起こりました」
・研究の虜になって
・求人広告に手当たり次第応募
・「VZの教え」とプレゼン力
・オスマウスが妊娠?
・はじめて発見した遺伝子
・マウスの名は「トム」と「カーニー」
・「アメリカ後うつ病」にかかる
・新入生争奪戦
・負けがわかっている勝負はしたくなかった
・「京都の作り方」と研究手法
・設計図のしおり「転写因子」
・理論的に可能なことは実現する
・「長期目標」と「短期目標」の二本立て
・データベースで候補を絞る
・遺伝子を二四個まで絞り込んだ!
・「ほんまにこいつ賢いんちゃうか」
・論文捏造スキャンダルの影で
・名前は「iPS細胞」と
・再生医療の可能性
・病気の原因解明と創薬











(#)2007年11月21日にアメリカの科学誌セル(Cell) に掲載された山中伸弥教授の論文
(pdfファイル)

http://download.cell.com/pdf/PIIS0092867407014717.pdf
iPS細胞を生成する技術を開発し、世界の注目を集めた記念すべき論文です。


(#)iPS細胞の作り方 動画
http://bit.ly/SPucwN
山中伸弥教授講演の動画。iPS細胞の作り方や基本情報など。



(#)実験医学
http://amzn.to/StRmGZ
分子生物学と医学を結ぶバイオサイエンス総合誌。



iPS細胞の作り方 >

イチから分かる「iPS細胞」  - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110921/scn11092107340001-n1.htm
 ヒトの体は約60兆個もの細胞でできている。たった1個の受精卵が、さまざまな種類の細胞に分化・増殖を繰り返して、臓器や神経、骨、筋肉がつくられる。受精卵に近い未分化な細胞は、あらゆる細胞に分化できる能力(万能性)をもっているわけだ。
 山中教授らが開発したiPS細胞は、皮膚などに分化した細胞に特定の遺伝子を導入し、未分化の細胞と同等の万能性と無限の増殖能力を併せ持った細胞を人工的に作り出したものだ。細胞分化の時間を逆戻りさせる「生命科学のタイムマシン」のような技術といえる。
 同じ性質を持つ万能細胞には胚性幹細胞(ES細胞)があり、iPS細胞が登場するまでは再生医療研究の主流だった。しかし、受精卵からつくるES細胞は生命の萌芽を壊して利用するという倫理的な問題があり、研究は厚い壁に突き当たっていた。
 皮膚などのありふれた細胞から作れるiPS細胞は、こうした倫理的な問題を回避できる。また、自分の細胞から作ったiPS細胞なら、移植後の拒絶反応も防げる。iPS細胞が世界的に注目されたのは、それまでの再生医療研究の課題を一挙に解決しうる技術だからだ。
 山中教授はどうやってiPS細胞を作ったのか。
 まず、研究が進んでいたES細胞だけで働く遺伝子を探し出した。「この中に、万能性をもたらす遺伝子があるはず」と考えたからだ。100以上の候補の中から4つの遺伝子に絞り込み、これをマウスの皮膚細胞に導入するとES細胞に似た細胞の塊が形成された。これが最初のiPS細胞で、4つの遺伝子は「山中因子」と呼ばれる。
 個々の遺伝子の働きを解明するのではなく、複数の遺伝子の組み合わせに着目したことが成功につながるカギになった。
 マウスでの成功と同時に、世界的な研究競争がスタート。約1年後の2007年には、山中教授らと米国チームが同着で、ヒトiPS細胞作製を発表した。
 iPS細胞の臨床応用に向けた最大の課題は、安全性の確保だ。無限に増殖する能力は「がん化」と背中合わせで、山中因子の中にも発がんに関与する遺伝子が存在する。レトロウイルスを使う遺伝子の導入方法も発がんの要因になる。
 各国の研究者ががん化のリスクを回避する方法の開発に取り組み、安全性向上につながるさまざまな成果が報告されている。しかし、安全性と作製効率を兼ね備えた決定的な手法はまだ確立されていない。
 iPS細胞の名称は「誘導された多能性を持つ幹細胞」を意味する英語の頭文字からとった。マウスiPS細胞を発表した2006年にはそのまま「誘導多能性幹細胞」と訳していたが、「誘導」の意味が一般には伝わりにくいという理由で、「人工多能性幹細胞」と改めた。
 「i」を小文字にしたのは、当時流行した米アップル社の携帯音楽プレーヤー「iPod」にあやかったから。世界に浸透させたいという山中教授らの意欲が、名称にも込められている。













<中学生になったら>

中学生の勉強法

詳細のページでは、サンプル誌を読む事ができます。
もし、気に入った場合は、そのページで、メールアドレスを入力して登録していただけましたら、
最新号のメールマガジンをお届けいたします。(無料登録)





(*)中学受験

(*)高校受験

(*)大学受験

(*)就職活動

















メルマガ登録・解除






 





メルマガ登録・解除






 





メルマガ登録・解除






 







山中伸弥ノーベル生理学・医学賞 ノーベル賞 掲示板 山中伸弥 掲示板(iPS細胞,論文,著書,略歴,ノーベル賞) iPS細胞を作成した京都大学の山中伸弥教授とノーベル賞(ノーベル生理学・医学賞) 山中伸弥 ノーベル賞 iPS細胞の意味と作り方と課題

DTIブログって?